若い世代が求める会社作り、じつは当たり前のこと!?

本日は、松戸市を中心に9校舎展開する特進学院の一條先生をお招きして、互いの会社(学習塾)を紹介しながらの相互の勉強会を行いました。

特筆すべきは、一條先生の若い世代に受け入れられる会社作りへの意識の高さです。感心することが多く、その姿勢は是非見習っていきたいです。

未来に繋がる会社を作っていく上で、今回のように自分より若い世代の経営者から学ぶこと、とても大切だと認識しました。(気づかないうちに、自分も考え方が古くなっているな…と少しショックでした。苦笑)

一條先生、有難うございました。

当社でも、有給活用の奨励、残業をしない働き方の促進、健康保険年金制度の完備、健康診断の徹底等をおこなっています。

しかし考えてみれば、すべて働く上で当たり前のことです。

また、今の若者が求める働き方として、次の3点がよく上げられます。

「プライベートを大切に働けること」

「人間関係の良い職場環境で働くこと」

「自分らしい生活ができること」

しかし、これも人として当たり前のことです。

勿論、仕事ですから、個人の主張だけを一方的に受け入れることは出来ません。だからと言って、「仕事だから仕方ないだろう」「仕事が最優先!」は、会社側の傲慢です。

会社業務の都合と、個人生活の都合を、調整して働くことが出来る会社作りが大切だと思います。そうような会社作りを目指していきたいです。【長岡】

190915_withichijo01

nagaoka の紹介

他学習塾で数年間修行後、20代後半に独立して株式会社KAコーポレーションを設立、これまでに6教室を開校した。大学・大学院で経済学・経営学を学び、経営修士(MBA)を取得。大学院では「中高生へのキャリヤ教育」ビジネスモデルを研究して、国内のキャリア教育普及にも精力的に取り組んでいる。
カテゴリー: 研修 パーマリンク

コメントは停止中です。