株式会社スワン訪問と海津歩社長へのインタビュー

  法政大学院政策創造研究科の坂本光司先生の「中小企業経営革新論」の授業での研究発表のために、株式会社スワンを訪問して、海津社長にインタビューさせて頂きました。この会社は、坂本光司先生の著書である「日本でいちばん大切にしたい会社」やその他メディアでもしばしば取り上げられた障がい者雇用を積極的に行いつつ、健全経営を実現するために常に経営改善努力を実践されている会社です。
 株式会社スワンとは「宅急便の産みの親」といわれたヤマト運輸㈱元社長の故小倉昌男氏によって設立された会社で、障害者雇用を積極的におこなうスワンベーカリーとうパン屋を運営する会社です。そのスワンベーカリーで障害者の自立支援と経営を見事に両立させた立役者が現社長の海津歩氏です。ただ利益を追求するだけなく、できる範囲での社会貢献が、これからの企業には必要であることを学ばせて頂きました。

【坂本光司教授[左画像]  当社の長岡と海津社長[中央画像] スワンの様子[右画像]】

 

 

nagaoka の紹介

他学習塾で数年間修行後、20代後半に独立して株式会社KAコーポレーションを設立、これまでに6教室を開校した。大学・大学院で経済学・経営学を学び、経営修士(MBA)を取得。大学院では「中高生へのキャリヤ教育」ビジネスモデルを研究して、国内のキャリア教育普及にも精力的に取り組んでいる。
カテゴリー: 他社見学 パーマリンク

コメントは停止中です。