話せる英語力を身につけるコツ&教材開発【スーパーイングリッシュ牧の原教室】

ある程度英語が話せる人とは、

(バイリンガルや帰国子女は別ですよ、国内学習者の話です)

状況やテーマに合わせて、話せる「英会話パターン」を持っています。

「この話題なら、この内容を話そう!」

「この状況なら、この言い方をしよう!」と

ある程度の会話パターンをすでにインプットしています。

会話をする時に、自分が持っている

「英会話パターン」というカードを使っているのです。

その持っている「英会話パターン」が多くなればなるほど、

色々な状況への応用性も自然に身に付き、

自由自在に英会話を操ることが出来るのです。

そのようになるための

1つ目のコツは、

この英会話パターンを、定借させることです。

しかし、だたの英文丸暗記だけではダメです。

ちょっと状況は変わると使えなくなります。

(結婚式のスピーチなどで、メモ通りしか話せない人と同じ現象です)

2つ目のコツは、

この英会話パターンを、少し考えながら使う訓練をすることです。

★★英語は話せるようになるためのコツ★★

★状況と内容にあわせて英会話パターンをインプットする。

★実際の会話で使えるように、それを考えながら話す訓練をする。

このような訓練をするために、

当SEでは、「Monthly Lesson」という月に1つテーマを決めて、

その会話パターンの練習を1か月間ずっと繰り返し続けます。

その為の専用教材を、自社で開発作成しております。

4月のレッスンテーマは「あいさつと自己紹介」でした。

「Nice to meet you.」で始まり、

「How are you ?」

「What grade are you in?」 

「What do you usually do on Sundays?.」

これらの質問に答える訓練をしました。

月の最後にこのレッスン内容の英会話テストを行いました。

小学生も中学生も皆、

自分なりの自己紹介を、

自信を持ちながら、

見事に英語で話してくれました。 

若い生徒さんの吸収力と成長力は、すごいですね。【長岡】

カテゴリー: スーパーイングリッシュ 牧の原校, 未分類 パーマリンク

コメントは停止中です。