教室日記

Driver’s High【京葉アカデミー流山おおたかの森校】

皆さんこんにちは!京葉アカデミー流山おおたかの森校数学担当の大橋です!

夏期講習もいよいよ終わりに近づき、それは即ち受験勉強においての一つの山場の終わりに近付いているということでもあります。僕の担当している中三生の夏期講習では、理科・社会を中心に5教科の模試を塾に来たときには必ず解き、生徒の志望校によっては私立の入試問題なども解くなど、より受験本番に向けた授業を行っています。

 

ところで、話は変わりますがみなさんは何か人生の中で大きな買い物をしたことがありますか?

僕にとってのそれは、90万円で購入した車です!僕の車はトヨタ自動車さんが製造したセリカSS-Ⅱというクーペ型の乗用車であり、いわゆる「スポーツカー」と呼ばれるような形の車です。スポーツカーという割には排気量が1800CCと低めで、速度も最大で時速180kmとあまりスピードはでないのですが、やはり普通の自動車とは違い加速が緩やかで、高速道路などでも円滑に運転することが可能です。また、もっとも特徴的な点は駆動方式がFF(フロントエンジン・フロントドライブ)であるというところで、雪道などの滑りやすい道路でも安定して走ることが可能です。一方で車高が低い分、後ろが見にくくバック駐車がしづらかったり、クーペである分後ろの席が狭かったりと欠点もあるのですが、それを加味してもとてもいい車だと感じています。

 

長々と車についての話をしてしまいましたが、自動車製造技術は日本が世界に誇るものであり、その構造は多くの精密なパーツから作られています。

勉強もそれと同様、基本的な知識や問題演習によって得られる経験などといったあらゆるパーツがなくては解けるようになりません。例えば数学に関しては「才能が必要な教科だ」などという人も中にはいますが、公式やよくでる問題の解法プロセスなど、一つ一つのパーツを作り上げ丁寧に組み立てていけば誰でも基準に達するような点数は取ることが可能です。

最初に述べたとおり、僕は夏というのは受験勉強においての一つの山であり、同時に最も高い山であるという風に考えています。5教科といういくつもの勉強を同時に行わなければいけない中、その夏を乗り切ったという事は大変立派なことであり生徒たちにとっても自信になったと思います。

僕の車は2輪駆動ですが、これからも生徒たちは5教科を頑張る5輪駆動で、峠をこえてゴールの向こう側まで走り抜けてほしいと考えています。

(大橋)

 

[ 教室日記一覧に戻る ]

カテゴリ

アーカイブ

バナー

  • 京葉アカデミー
  • KA大学受験部門 河合塾マナビス
  • Super English
  • 生徒保護者に喜ばれる経営を目指して
  • KAコーポレーション 総合トップ