上手な時間の使い方【京葉アカデミー 流山おおたかの森】

 

こんにちは!流山おおたかの森校の秋元です。夏季講習が終わり、いよいよ2学期に突入しました。受験生は今まで、部活や学校があって長時間勉強をする習慣がない人が多かったと思います。ですが、この夏季講習期間の授業や自習の時間を通して、長時間勉強する習慣がついたと思います。

そして、夏期講習の最後には模試を行いました。

この夏、頑張って勉強して成果が出た人もいれば、まだ出ていない人もいると思います。しかし、この結果に一喜一憂せずに継続して頑張って行きましょう。

そして、今回題名にも書いたように

上手な時間の使い方について2つほど書きたいと思います。

 

1、朝に勉強!!

朝の生産性は夜の6倍と言われています。

朝早起きし、学校に行くまでの時間少しでも良いので勉強することをお勧めします。

脳が起きて正常に働き始めるのが3時間後と言われています。

入試は9時から開始なので、遅くても毎日6時までには起きましょう!

 

2、スキマ時間の活用!!

夏休みが終わると、公立入試まで本当にあっという間です。

だからこそ、やってほしいのがスキマ時間を上手く使うことです。

24時間の中で必ずスキマ時間はあると思います。そのスキマ時間を使い、単語や漢字を覚えることをお勧めします。

たった5~10分でもそれが毎日続けば莫大な時間になります。

「塵も積もれば山となる」ということわざがありますが、まさにそうです。

本当に入試までここからあっという間なので皆さんスキマ時間を上手く使っていきましょう!

 

中1、2の皆さんは夏休みが終わり、学校が始まってすぐに、中間テストがあると思います。2学期は体育祭、合唱祭と学校行事が盛りだくさんです。その中でいかに気持ちを切り替えて勉強できるかが大事になります。

2学期は一年の中でも学校全体的に緩みやすい時期です。しかし、1学期に比べ内容は難しくなります。気の緩みから、2学期は学校全体でテストの点数が下がりやすい人が多くなります。ですが、これは裏を返すと2学期の中間テストを頑張ると大幅に順位が上がるということです。

学校の周りの人が行事などで気が緩んでいる間に自分は勉強することで一気に差をつけられるチャンスです!!

塾では今週からテスト対策を行っていますが、授業をしっかりと聞き、宿題や毎回の小テストの勉強をしっかりとやっておけば問題ありません。

1学期のテストが良かった人も、悪かった人も新たな気持ちに切り替えて中間テストをともに頑張って行きましょう!!

 

IMAG0089

(秋元)

カテゴリー: 京葉アカデミー 流山おおたかの森校 | コメントは受け付けていません。

自分なりの言葉【京葉アカデミー 七光台校】

皆さん夏期講習お疲れ様でした。

自分を誇る。
今日はそんなテーマでブログを書いていこうと思います。
先日、おおたかの森校の卒業生が七光台に来ました。彼女は高校3年生で、8月の下旬に服飾系の短大のAO入試を受けました。
その時、彼女のその学校への志望動機をみて、私は驚きました。
「将来、いろんな人に洋服の良さを伝えて人を笑顔にしたい。でも、自分にはその知識、経験、技術がない。だから、専門ではなく総合的に学べるこの学校に行きたい」でした。
 すごいです。
大多数の服飾系の学校に行きたい人は、オシャレだからとか、自分はセンスがあるだとか、オシャレな学校だとか、自分のアドバンテージを増やしたい。そういう感じの志望動機が多いイメージです。
でも、彼女は違いました。
自分は特別秀でていることはない、でも、いい服を着ると堂々とできる。
そんな経験から洋服の持っているパワーを信じ、また、自分自信の特性(人を笑顔にする)を誇ってこんな志望動機になったんだとおもいます。
彼女なりの言葉をはいていました。
そして、その言葉を自信を持って面接官に言ってきたようです。
結果は合格です。
当たり前です。
周りとは圧倒的に違います。教科書通りでなく、また誰かに言われた通りでもなく、彼女なりの言葉で、また、何日も考え、何日も練習したら絶対受かります。
自分の言葉に誇りを持って臨んだ結果です。
受験とは、他人との比較だと勘違いしている人が多いです。
私は違うと思います。
自分が自分なりにしっかりと受かるだけのことをしたのかということです。
他人と比べてどうだとかではなく、いつだって重要なのは自分がどうあるべきか。
自分は、志望校に対してどう接していくべきなのか。
それだけです。
生徒の皆さんも是非、自分がどうあるべきなのか。また、自分は志望校に対してどう接するべきなのか考えてみてください。
そして、その考えを自分で誇りに思ってください。
3年生は全員夏の課題を終わらせました。
全員夏期講習頑張りました。
こんな学年は今までありません。
是非、自分自身を誇りに思ってください。
それがわかればもうあとは受験まで、一気に突き進むのみです。
最後に、AO合格の卒業生に。
「お前は誰よりも素晴らしい考えと信念を持っている!誰よりも一つのことに頑張れる人。あの、エントリーシート輝いてた。あんなにいいエントリーシートは今まで見たことがない。これからたくさんいろんな事があるけど、自信持って。お前ならなんでもできる。本当におめでとう。」
この写真の御守りは彼女に受験前に渡したものです。
実は私自身昔は受験とは他人との競争だ。と思ってました。
しかし、他人ではなく、自分との対話だと教えてくれたのがこの御守りです。
受験に限らず全てがそうなのかもしれない。(山田)image1 (14)

 

カテゴリー: 京葉アカデミー 七光台校 | コメントは受け付けていません。

夏も終わり……次にくるのは?【キッズ・アカデミー流山おおたかの森】

こんにちは。キッズ・アカデミー担当の吉澤です。

夏休みも終わり、皆さん明日から新学期を迎えます!

夏の間、キッズ・アカデミーでは、普段の学習に加えて漢字検定、算数検定の合格を目標に勉強に取り組んでいました。

検定合格のために特別授業を設けて、朝から教室に来て勉強していました。生徒の中には授業が終わった後、お昼ごはんを食べてから、また教室に来て勉強する生徒もいました。夏休みを利用していっぱい勉強できたと思います。

実際の検定はいつもと違う教室で行いました。中学生向けの塾で使う教室だったので、本番は少し緊張していたかもしれません。ただ、巡回して見るかぎり、頑張った分の成果は出てたと思います。あとは結果を待つのみ!是非ともみんな合格してほしいです。欲を言えば、練習で満点をとっていた生徒には満点合格をとってほしいと思ってます。

そして、検定が終わって一段落といきたいところですが、キッズ・アカデミーでは、次のイベントがあります!

それが、9月に行う「読書指数診断」です。

こちらはあまり聞きなれないとは思いますが、ことばの学校に通っている生徒さんにはメインイベントのようなものです。

読書指数診断では、生徒さんの語彙量や、文章の読める速さなどを診断します。そのため、普段から速聴読に取り組んでいる生徒には自分の実力試しになります。こちらでも、これまでの成果を見せてほしいですね。

9月からの新学期は楽しいことがいっぱいです。私たちも楽しく、そしてより良い指導ができるように努めてまいりますので、下半期もよろしくお願いいたします。

本日の写真は読書指数診断のポスターです。申込みお待ちしています。(吉澤)

image1 (13)

 

 

 

カテゴリー: キッズアカデミー 流山おおたかの森校 | コメントは受け付けていません。

夏期講習お疲れさまでした【千葉ニュータウン校】

夏期講習お疲れ様でした。特に中3生徒は、長時間の講習大変だったと思います。

でも、強化ゼミで、賞状授与や、もらった文房具で、喜ぶ笑顔を見て、私たちも思わず嬉しくなりました。

さて、2学期になりましたら、体育祭、秋葉祭、など行事で忙しくなります。そして、すぐに定期テストがあります。テストが終わって、できなかった時はもっと、早くから勉強すればよかったと思いますが、すぐに理由をつけて、後回しにしてしまいます。

京葉皆さんにアカデミーでは、定期テストで高得点が取り、内申点を上げられるようにサポートします。

自習室がいつも開いていますので、勉強しにに来ましょう。教室で、分からない所があれば、どんどん質問しましょう。皆さんの点数を上げるためにできる限りのことはしてあげたい気持ちでいっぱいです。共に、頑張りましょう!!   ( 三崎 )1504662819381

 

 

カテゴリー: 京葉アカデミー 千葉NT校 | コメントは受け付けていません。

夏期講習終了! 受験モードへ 【京葉アカデミー 牧の原校】

京葉アカデミー牧の原校の三嶋です。

 

長いようで短かく、アツかった夏期講習が終了しました。

夏期講習の始めには、「高校生になれるか不安・・・。」なんて声がチラホラ。

高校受験が人生において、いかに大切か。

「受験なんて、楽勝?」否、受験は本番に何が起こるかわからない。

 

学習と同時に生徒と面談、意識改革も合わせておこなってきました。

すると、夏が始まる前と、終わった後で明らかに生徒の表情が変わりました。

自学習中の集中力が雲泥の差です。

そして、学習効果が目に見えてきた生徒ほど、勉強を楽しんでいます。

 

夏期講習の終了と同時に学校の夏休みも終わり2学期を迎えましたが、

生徒は学校の勉強プラス志望校合格に向け、猛進します。

 

まず最初に迎えるのは2学期の中間テストです。

夏期講習中に蓄えた知識と鍛え上げた集中力を武器に問題演習をこなします。

内申点アップに向けて中間テストで結果を出しましょう!

 

(三嶋)

 

夏期講習中における休み時間の様子 ※写真は解像度を落として掲載しています。

170830students03

カテゴリー: 京葉アカデミー 牧の原校 | コメントは受け付けていません。

2017年度 Midterm Test 合格者表彰【SE牧の原校】

合格者の皆さん、おめでとうございます!!!

Congratulations!

今回から、賞状だけじゃなく、ちょっとしたご褒美もプレゼントしました。

皆さん、次回も頑張ってくださいね!

英語を音で覚えて、会話も聴き取りもできるようにしましょうね!

勿論、単語も文法もマスターして英検も受かりましょうね!

(画像は、個人情報保護のため、モザイク加工しております。)【長岡 】

170825SE04

 

カテゴリー: スーパーイングリッシュ 牧の原校 | コメントは受け付けていません。

夏休みを終えて【河合塾マナビス 流山おおたかの森校】

IMG_0480 (2)8月も終盤に差し掛かり、残暑が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

さて、夏休みもおわり、受験勉強における大きな山場を1つ乗り越えましたね。

これから先、9月から12月までの4か月間は本当にあっという間に過ぎてしまいます。夏休みの間は勉強時間も多く確保でき、むしろ毎日辛かったのではないかと思います。しかし、9月からは学校が始まり、学校によっては文化祭や体育祭など、気が緩みそうになる期間が多くあると思います。その中で、しっかりと勉強時間を確保していかなければいけません。

特に、過去問演習が始まると、過去問の難しさやかかる時間の多さで厳しい毎日が続きます。時間がない焦りや、問題が解けない苦しさで追い込まれてしまう日もあると思います。

そんな4か月間を迎えるにあたって私が考えるもっとも大切なことは、ONとOFFの切り替えをしっかりとすることだと考えています。勉強するときは100の力で集中してする、休む時も100で休むということが重要です。私も受験生の時は、ご飯をゆっくり食べて、ケータイをいじってゆっくり休んでいました。その代わりに、勉強するときは人一倍集中するように心がけていました。このONとOFFの切り替えができる人は、これからの4か月間、むしろ楽しく乗り切ることができると思います。受験勉強を通じて、自己成長もできるように、皆さん頑張ってください!!

(富永)

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

日本人が英会話のために“最初にすること”と“最初にぶつかる壁”【SE牧の原校】

日本人が英会話レッスンをするときに、特に意欲的な大人の方が“

最初にすること”と“最初にぶつかる壁”って、ご存知ですか?
・・・

“最初にすること”は、「日本の学校教育では英語を話す機会がないからダメなんだ! とにかく外人と話す機会を作ろう!」と思い、英会話スクール等に通って、≪英会話をいきなり話そうとすること≫です。そして“最初にぶつかる壁”は、「いざ外人を前にして、話そう!聴こう!と思っても、基礎レベルの英単語や英文法を知らないじゃないか? これじゃ何も前に進まない!」と悲観する、≪基礎の英単語と英文法の壁≫です。

英単語は、鉄砲玉みないなモノです。どんなに鉄砲の手入れをしても、射撃の訓練をしても、鉄砲玉が無ければ、鉄砲を使うことは出来ません。
基礎の英文法とは、英語を使う最低限のルールです。これを知らないで英会話を試みるのは、例えるなら、将棋の「飛車の動き方」や「取った駒の扱い方」等のルールを知らないで、ただやみくもに将棋の試合をするのと同じです。
上達するはずがありません。

「ある程度の年齢になったら、英語を話したり、聴き取りをする能力を上達させることは、もう無理だ!」と決めつけている大人の方が意外に多いです。
でも、そうではありません。
それは話す能力や聴く能力が無いのではなく、基礎の英単語と英文法を覚えていないだけです。昔の学生の頃はいくらか知っていたのでしょうけど、所詮は受験用に叩き込んだだけなので実用性がまったくありません。ですから劣化も激しく、数十年経ったらほとんど忘れてしまいます。このような状態で、英語を話そう!聴き取ろう!としても、それは出来るはずがありません。
まずは、最低限の基礎の英単語と英文法の習得、これは絶対に不可欠です。
当然これだけで英会話が出来る訳ではありません。あくまでも最初の一歩です。

私達SE(スーパーイングリッシュ)コースでは、外人講師と英会話の機会を設けると同時に、この大切な一歩である『基礎の単語力と英文法の取得』も重視しています。
次回は、”日本人が英会話上達のために、最も足りないこと“をお話しさせて抱きます。どうか、お楽しみにしてください。【長岡】

shojo01

カテゴリー: スーパーイングリッシュ 牧の原校 | コメントは受け付けていません。

全員合格した英会話暗唱テスト【SE牧の原校】

当SE(スーパーイングリッシュコース)では、毎週、テキストの重要文章の暗唱宿題があります。自宅で、暗唱分をCDで聴いて、発声練習をする宿題です。

そして、毎週その発表テストを行ってもらい、暗唱できるかどうかを確認します。

この宿題、ほぼ全員の生徒さんが、毎回きちんとやってきてくれます。

これはひとえに、自宅で生徒さんの宿題実施に協力してくだっている保護者の皆様の愛情と苦労のおかげです。

(保護者の皆様、心よりお礼を申し上げます、有難うございます。)

この毎週おこなう暗唱テストのまとめとして、年に2回の中間テストと期末テストを行っています。半年間行った暗唱テストすべての中から、先生がその場で指示した単元を何も見ないで暗唱するテストです。

生徒達は、半年間で学んだテキストの全暗唱分をすべて覚えて、発音しなければなりません。

(なかなか大変です・・・ でも小学生のみならず、幼稚園児の方も、頑張っています!)

今回の2017年度の中間テスト、

なんと! 体調不良等で欠席された生徒さん以外、受験された生徒さん全員が合格をしました。

この全員合格は、この牧の原校のスーパーイングリッシュコース開講以来、初めての快挙です。

(皆さん、おめでとうございます!!! 拍手! パチ、パチ、パチ、パチ ♪ ♪ ♪ )

合格された生徒さんの暗唱テストの様子は動画にして保存します。そして、その動画URLをその保護者様の携帯やパソコンにメールでお知らせます。すると、保護者様はご自分の携帯やパソコンで生徒さんの暗唱テストの様子を動画で見ることができます。

(保護者様からとても喜んでもらっております。)

【画像は、その暗唱テストの動画サムネイルの一部です。個人情報保護のため、画像にはモザイクをかけております。】【長岡】

170714 middletest03

カテゴリー: スーパーイングリッシュ 牧の原校 | コメントは受け付けていません。

汝の敵を知れ【河合塾マナビス 新鎌ヶ谷校】

こんにちは。新鎌ヶ谷校の今井です。夏休みも折り返し地点に達しましたがいかがどうでしょうか。受験生の皆さんはもちろん勉強に勤しんでいると思います。計画通りに進められている人も、そうでない人もあと2週間、気を抜かずに頑張りましょう。

さて、今回は、「夏休みに必ずやってほしいこと」について伝えたいと思います。

それは『第一志望校の過去問を1年分解く』ということです。何故かというと、過去問には自分にとって役に立つ情報がたくさん詰まっているからです。まさに”宝”です。過去問を解くことによって自分の学力と第一志望校の差が計れます。よく考えればわかりますが、ここでの差は模試で計るよりもより正確です。なので、夏休み中に1度過去問を解きこれからの勉強に役立てられるようにしてください。
【過去問の重要性】
1.出題傾向がわかる
第一志望の大学がどのような形式の問題を出してくるのか、また時間は何分間かなど絶対に知っておかなければならないことを知ることができます。
2.戦略が立てられる
過去問を解くことでどの問題に時間がかかり、どの問題がスムーズに解けるかなどが分かり、本番の戦略を立てることができます。

以上のことを踏まえて少し考えてみてください。偏差値55の大学を受けるAさんとBさんがいます。Aさんは偏差値53ですがその大学の過去問を10回解きました。一方Bさんの偏差値は57ありますが、その大学の過去問を1度も解いていません。どちらの方が受かりやすいと思いますか?私はAさんの方が受かりやすいと思います。何故かというと敵を知っていて対策も立てられているからです。(Bさんの偏差値が高すぎると話は変わってきますが...)

夏休みもあと2週間です。なるべく早めに過去問を解いて第一志望の大学の傾向を知り、対策を立てられるようにしましょう。

マナベアタオルp.s.マナビスは今年10周年を迎えました。これからもよろしくお願いします!
(今井)

カテゴリー: 河合塾マナビス 新鎌ヶ谷校 | コメントは受け付けていません。