過去問題研究とそれを活かした指導

進学塾として当たり前のことですが、入試の過去問題研究は重要です。

当社の社員達が1学期中に研究した本年度の公立高校入試問題の発表会を先日の社員会議で行いました。

(出題傾向研究の詳細は、ここでは控えさせて頂きます。)

小手先のテクニックだけでなく、各科目の基礎と基本を理解させた上で、演習などで応用実践力を養って、各科目の学力を高めていく王道の指導は当然何よりも大切です。

それに加えて、出題傾向の変化、配点の変化、問題難易度の変化などを分析して、

指導する優先順位、指導する上で留意点を各講師間で共有すること、試験を受ける上での効果的な解き方やコツを生徒たちに伝えること、これらも進学塾としては当然することです。

上位高校を受ける生徒には、合否を左右する難易度の高い問題でハスココアが取れるように、力を入れた指導をしなければなりません。

中堅高校を受ける生徒には、確実に合格点数を確保させるために、難易度の高い問題は取れなくても良い代わりに、正答率の高い問題は確実に取らなければなりません。そのためには、そのレベルの問題演習をする機会をたくさん与えなければなりません。

 

このように個々の志望校と基礎力に合わせたな指導戦略を考案して、生徒たちに悔いを残させない受験、結果を残せる受験をさせることが私たちの使命です。 (長岡)

160910kakomonnkennkyu

nagaoka の紹介

他学習塾で数年間修行後、20代後半に独立して株式会社KAコーポレーションを設立、これまでに6教室を開校した。大学・大学院で経済学・経営学を学び、経営修士(MBA)を取得。大学院では「中高生へのキャリヤ教育」ビジネスモデルを研究して、国内のキャリア教育普及にも精力的に取り組んでいる。
カテゴリー: 研修 パーマリンク

コメントは停止中です。